あっという間の1日

こんばんは。

今日は大所帯で賑わいの1日でした。


数年前から「近いうちに!」と約束を交わしてからコロナ禍が始まったり、お忙しかったりと中々伊東に来ていただく機会が持てなかった写真家・戸村裕行さんがお客様と共に伊東にきてくださいました♪


オフィシャルサイトはこちら→https://www.hiroyuki-tomura.com


海は、北東の風で少しウネリがはり少しワチャワチャ。

天気は残念ながら朝から曇天で昼から雨、陽が刺さないので水中は少し暗めでした。

今日は参加人数も多いこともあってバタバタとしてしまい、気がつくと3ダイブ終えた頃には港は真っ暗でした(汗)


水中は、平均的に水温が20度になり安定。

深場は部分的にですがエリアによっては17度をマークする部分も・・・水深、エリアによって異なるので潮の問題かなと思いますが、いよいよ冬っぽい水温を表示するようになりました。

ただ、ドライスーツ着てると全然気が付かないほどだったので、ほんとに一部分って感じですね。


1本目にみたナガハナダイの大産卵は思わず水中で「すげ〜〜〜〜」と声を上げるほどの数と盛り上がりでした。

サクラダイは産卵期を終えたようですが、まだ少量のハーレムで行う素振りはありますが、本格的なのはこの大潮でナガハナダイにバトンタッチのようです。

どれくらいの期間行われるのか、今年はしっかり見ておかないとですね。


中層、表層もイサキ、タカベ、メジナ、スズメダイ、アジ、と賑わっていて久々にマダイが登場。

私のライトにつられて慌てて動いた魚たちに更につられて思わず襲いかかった瞬間!

うお〜〜〜!カッコイイシーンだ。

よく撮れたな・・・あの瞬間に、素晴らしい!


慌ててしまったのに、マダイ事態がびっくりした感じでした。

慌てて踵を返すマダイ。