なんとかギリギリ・・・

こんばんは。

昨日は無念の中止となり、明けて本日は条件付きで出船となりましたが、イレギュラーな出船スケジュールを組んでなんとか3ダイブ潜ってきました。


台風通過後の伊東の海は・・・

陸から見る以上に透明度は落ちていなくて、水中はまだまだウネリの影響はあるものの魚達もおちつく先を見定めるかのうように何だか目まぐるしいシーンも盛りだくさんでした。


根付きの魚達に大きな変化はまだ感じられませんが、この後台風の恩恵を感じることが出来る出会いが沢山あるでしょう!


さて、本日はウネリの影響で濁りが出てると予測したのでお客様にはマクロ装備でと案内しましたので今日撮れる限りの海をご案内させていただきました♪


まずは深場から。

少人数だったのもり、生存確認もしたかったので久々のマダラハナダイ。

(ご案内できるのは限られた条件下になります。)

戻る途中で新たな子も発見しました。

近隣にオスの姿はなかったですが〜

メスでも十分に存在感のあるコウリンハナダイ。


2本目は五島根南へ。

離れ根には結構な数のニザダイやメジナの玉が!

まずご案内したのは〜

大人気のモンガラカワハギ♪

いつもの隙間にいなかったので「いなくなった〜〜〜」って大騒ぎするところでしたが・・・ちゃんといました(笑)


そうそう、モンガラ撮影いただいている間に・・・出ちゃいました・・・見ちゃいました・・・

トンカチ頭・・・そう、ハンマーヘッドシャーク!

私の背後から真横3mくらい先を颯爽と泳いで行きました。

慌ててベル鳴らしてみましたが、もう1名のお客様に目視してもらうのが精一杯。

証拠写真もありませんので文章でのご報告(汗)

でもでも、久々のハンマー出現にちょっと興奮したのは内緒です。

小さい個体は結構な水深にしか見られなくなりましたが、通常水深では例年より数の多い筋ハナダイ。最も浅いのは15〜18mで見られますからね〜。


3ダイブ目は流石に伊東dsから「満根限定」の条件付きとなったので大人しく満根へ。

と〜〜〜っても久々の満根でした。

初っ端目に止まったのはクロフチススキベラyg。

ヒラヒラと中々手強い相手ですが・・・バシッと素敵な背景に収めていただきました!

すっかり成長したアマミスズメダイ。

越冬したセナキルリも多いですが、アマミも多いんですよね〜

このサイズになると殆ど見向きもされなくなってしまいますが、これだけ綺麗にとってもらえるとこのサイズはこのサイズでとても綺麗なスズメダイなんだな〜と改めて関心。

やっぱり撮り方って大事だな〜

最後はサラサエビ。

ケヤリ越しに・・・って案内したのに、ちょっと距離ありすぎましたね、すいません(汗)

でもそんな悪条件でも素敵に撮ってくださいました。