top of page

クリームソーダの伊東

お疲れ様です、まっさんです!


投稿ずれてしまいましたが木曜日の投稿。

川の水の影響でここ数日透明度が落ちてしまいましたが、そんな中でもこのコンディションすら乗りこなしてしまう素敵なお写真をお借りしました!


まずは下に降りてサクラダイ〜!

女子の中に男子がぽつりぽつりと。


中間のエリアではカサゴのお家が。門番のようにこちらを見つめています^^


うちわを見てもらえると、いろんな子たちが隠れています。

オレンジのうちわには、コガネスズメダイ、オキゴンベ、ヘラヤガラなど、、

コガネスズメダイは観察していると、擬態のつもりでうちわにくっついているようです。

うちわにいるときは色がガッツリ黄色い印象。体もうちわに沿ってのけぞっていたりします^^


そして根頭はキンギョハナダイ。

彼らのストーリーは1日かけて、観察します。人間模様、いや、キンギョ模様がさまざまなので、知った状態で見るとなかなか見応えがあります。


透明度が低くても、近くに潜んでいるタカべやイサキたち。突然近くに現れますので、ベルの音へ反応してくださいね^^


ゲスト様からは「クリームソーダ伊東」と名付けられたこの日。緑の海もポップに爽やかに撮影していただきました。


透明度・水温が一期一会。毎日新しい発見があって楽しいです。


今回のお写真はanchibi様に撮影していただきました。素敵なお写真ありがとうございます!


ーーーーーーー

2024.7.4

透明度5-6m

水温18-21m


ゲスト様スーツ

5mmウェットスーツ+フードベスト

ロクハン

セミドライ


下はサクラダイから根付きの生物、中層の群れ、根頭のキンギョハナダイと、最後までたっぷりでした。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page