あっという間の2日間。

こんばんは〜

今日はモルディヴのカリスマ「カオリータ」のツアー2日目。

雨もほとんど上がり、日中には晴れ間も除く1日でした♪


今日は更に2名の方が一旦は中止にしたツアー参加を電車などが動き出したことも含めて再考いただき、改めて参加してくださりました。


いつもとは違うルートの運転などで大変でしたね。

ありがとうございます。


さて、海は・・・

昼間に予報にもない北東の風が吹いて、一時期ウネリがでましたが気がついあたら穏やかになってるという1日でした。


水面付近は流出した泥などの影響下濁っていてますが、根頭付近からは青い海が広がっています。

本日は五島根一本縛りで、北、中、南とご案内させていただきました。


昨日は水面に無数の流木が見られましたが、本日は嘘のように跡形もなくいつもの海が戻っていました。

なんだか不思議だな〜と思いながら水中を泳いでいると遥か30mくらい向こうから徐々にイワシの群れが近づいてきたので、ベルで合図しているとその向こうからドンドン大きな影が押し寄せてきました!

「これは、とんでもないイワシの群れか、とんでもない大物がきたのか!」

と慌ててその影が占拠するエリアに進んでみると・・・

驚くほどの流出物が・・・

水深12mくらいから撮っているんで、詳細まではわかりませんが、根を一つ覆うほどの規模でした。

恐らくは山から流れ出たもの達だと思いますが・・・衝撃的な遭遇に幻想的な1面と先日の災害をすぐさま思い起こさせる恐怖と苦しさが同時に込み上げてきました。

水面と水中が逆に流れていたため、長く追い続けることと、浮上してその正体を確認するのは安全管理上できなかったのでハッキリとはわかりませんでした。

あっという間にポイント上からいなくなった物体は何処へ流れ着くのでしょうか・・・


今日は珍しく中のブイを取り潜る時間も取りました。

北ブイ周りも悪くないのですが、南と北メインスポットはいまいち。

その代わり、写真の中エリアのソフトコーラル達がすごい状態でした!

この埋もれるハコフグとハタがいい感じですね〜〜〜♪


ホウライヒメジも例年より数もまとまりもよく、すごく逃げ惑う時とじ~~~っと動かない時と極端です。

串本などでは棚上に並んでる素敵なシーンが有名ですが、伊東でもそんなシーン見れないかな〜と期待してしまいますね。

タカベのちびっこ達の群れも目立ってきてます。

夏〜秋にかけて立派な成魚に育って早く「タカベ玉」で楽しませてくれる日が来て欲しいですね。

カゴカキダイは南と中のエリアが定住地になったようです。

実は例年はここがお気に入りの場所・・・ってことは、今までも今感じで深場から徐々に浅場に上がってきてたのだろうか???

カゴカキダイと主役を争うのはシラコダイ。

個人的にはどちらも好きですが、シラコダイの方がかわいいかな〜と・・・。

今日は集団でトゲトサカをパクパク啄んでましたので、そっと寄って撮らせてもらいました♪