ワイドとマクロ

こんばんは〜 今日はボートチーム2名、ビーチチーム2名の4名様をご案内。


朝は風もなく、べた凪なスタート♪

天気も良く、透明度も変わらず25mオーバー。

うすら見えてるっての含めると30mって言えるくらいですね〜

ただ、若干白濁が増えたのと浮遊物が発生。

まあ全然もんだなしな範囲です。


ボートチームは1名はワイド、1名はマクロの完全真逆スタイル。

それでも被写体やチャンスに事欠かないのが伊東の凄いところです♪

ではお客様から頂いた素晴らしい写真で今日の海をご案内で〜す。


まずは昨日発見したベニハナダイの成魚。

最高じゃないですか!

今日は全然住処から移動せずにいいモデルしてました♪


続いては久々に様子を見に行ったルリハタ幼魚。

ここでサプライズ。

1個体でも30m以内で見られるのはレアなのに・・・さらに浅い水深でもう1個体発見♪

大分体色がブルーになってきましたね〜

もう1個体もほぼ同じサイズとステージ。


そしてその下にはこんなのも


スジキツネベラ!

こいつも過去最浅水深での発見♪

今年は本当に深場の生物が普段より浅い場所で見られてる気がします。


ちびっ子はもちろん沢山いますが、かなり成長した個体も発見!

こちらはシテンヤッコ。

口が青くなったらもう幼魚のステージではないですね〜

ここまできたら麻呂眉になるまで行って欲しい・・・


ここに来て沢山数を見せてるのは、スミレナガハナダイ

流石にオスはいませんが〜このカラーリング!美しいですね〜


今年は成魚になるのも出るんじゃないか?

と、思えるほど数もサイズも盛りだくさん。

なので様々な背景が選べます。

って、他の生物多過ぎてあまり注目されないのが少し寂しい〜ミツボシクロスズメダイ。

実はしっかり写すのは難しい被写体。

露出や調光が狂うと目や口が黒に同化してわからなくなる意外な難敵。

さらにその可愛さを写すのが難しい〜

それをいとも簡単に・・・素晴らしいです。