濁っててもワイドが楽しい♪

こんにちは〜〜〜

いや〜梅雨かと思ったらびっくりの晴天・・・そんな日に限って事務作業で身動き取れず・・・潜りたかった。


さてさて、前2日間はお客様のお写真でご紹介しましたが、マンツーマンで常連様だったのでカメラ持たせてもらって私は隣でワイドでした。


28日のガイドブログにも、最近の投稿にも多く出てきますが・・・最近本当にワイドが楽しいです。

もちろんワイドしつつも、しっかりマクロネタも探してますよ〜


今まで過去遡ると、本当に水が綺麗な冬季ばかりワイドの写真が多くてどうやってみても綺麗に見える状況ばかりを撮ってきました。

もちろんそれはそれで必要なことだし、大事なことなんですが・・・

そもそも私の頭の中に、「濁ってる可能性があるならマクロ」って思い込みが強かったんです。

でも、ここ最近濁っている水も伊東の季節的な事だし、そんな中でもいかに「いいな」って思うワイドの写真が撮れるかを工夫しなきゃならないな〜と思うようになりました。

もちろん自力で思った訳でなく人から受けた影響が物凄い大きいですね。

だから私も他の人にそんな影響を与えたいな〜と思うばかりなのです♪

そうすることで、濁ってる時期は潜らないって答えにならないようにしたいな〜なんて。


さて、2日間がっつりワイドやらせていただきましたので2日間に分けてご紹介していこうかなと(笑)


まずは2日前。

この日は朝から雨予報、風は強く吹かない予報でしたが〜海は穏やか。

結果的には全然風吹かずに、なんと雨もほとんど降りませんでした。

水中は全体的に透明度はよくなくて、浅場から根頭は5mほど、根頭から30mくらいまでが8mほど、30mより深場で15mという透視度。

水温は30mまでは22度ですが、30mより深場は18度って感じです。

深場は綺麗なんですが〜水面が結構濁ってるので日差しがあっても少し暗い・・・。


でもでも〜そんな暗さも設定である程度なんとかなります!

ちなみに2日間ほぼ同じ場所でのご案内だったので、70mドロップ付近をうろうろ。

対して潮の流れがある訳じゃないのに〜〜〜もう群れ群れの大乱舞でございます!

あんまり人気のないシラコダイもこんだけ集まれば絵になりますね♪

マンボウでもいれば最高なんですが〜個人的にはいなくても十分素敵かなっと。

ドロップはウチワやヤギも沢山あるので絡めて撮っていただけると映えますよ〜

アクセントにヒメジ入れてみたり〜

30mギリギリに行けばナガハナダイなども入れ込んだりできますよ!