秋、大潮、週末

おはようござます!

正直まだ頭が少し寝ぼけてます・・・すいません。


昨日はファンダイブ、OWコースにスーパーヘルプスタッフ召喚で総勢12名で伊東港を占拠してきました(笑)

占拠は言い過ぎですが、現在伊東港はテトラポット製造工場のため港堤防の半分が使用できないくなっていて、いつもは堤防先端部分に集結する釣り人たちの車でダイビングエリアが埋まってしまい非常に不便・・・そもそもこの港は関係者以外立ち入り禁止になっていて、釣り客はNGなだそうです、なのに観光協会が釣りスポットにあげてるっていう不思議な場所でそちらの情報を見た釣り客たちがくるのは当然・・・なんとかして欲しいですね。

特に週末、ダイビングショップも多くやってくるので。

いつもより港が狭い状態なので、お越しの際はご自身の車もそうですが、駐車中の車にも十分を気をつけくださいね。


さて、海は前日「越智隆治カメラマン」の取材撮影があり、がっつり3ダイブ行きましたが、本日もがっつり3ダイブ!

前日は少し透明度、魚影と落ちて心配してましたが、本日また復活!


キビナゴをイナダが追い回す秋らしい海に!

地魚メジナも集団で迫力満点

水面には久々に大きなオキサワラが2匹いたりと秋の伊東らしい海に。


でも、これはおまけ(笑


いつものごとく、当店のリクエストNo1は「サクラダイ」

く〜〜〜、数は変わらず少なめの今年(汗)

でも伊東はカラフルな環境が多いので、サクラダイだけでなく、その環境もプラスすれば写真は映えてくれるので。

多分サクラダイも十分な数がいるのですが、私が満開は、昨年はと言い過ぎたのか・・・ハードルが高くなり過ぎてるのかもしれませんね。

ハードルを越えるためにあまり無理をし過ぎても。。。なので、今ある状況をより素敵に撮ってもらうように案内する方向にします!

昨年も満開は数名しか当たっておらず、最大級の塊になるのは1シーズンで一握りの確率なんだと今シーズンで改めて実感しています。

あくまで逃げではなく、あと少ない期間のこの群れをより安全に楽しく、そして伊東らしく撮影したりいただくための考えだと潜りにお越しいただく方にはご理解いただければなと思います。


伊東らしさといえば、この色彩。

畳1畳くらいのスペースにこんなにカラフルなソフトコーラルたち。

こんな環境がたくさん重なって白根を彩っています!

そこにも必ず、キンギョハナダイ、サクラダイ、スジハナダイ、ナガハナダイが大なり小なりいますので是非こんな素敵な写真を撮ってもらいたいですね〜


秋はサクラダイのオスの集団に目を奪われ易いですが、サクラダイの産卵のシーズンでもあります。

水深20mの岩の上。

産卵準備のサクラダイのオスメス。午前中は集団ですが、午後3ダイブ目には産卵がスタートしてます。

写真は午前中です。

オスだけの群れも圧倒的ですが、こういうカラフルな写真は本当に伊東らしいシーンですね♪


ブイ下も賑やかですよ〜

キンギョハナダイ&ソラスズメダイ!

スルーされやすい代表的な普通種。。。素敵だ♪


最後は最近オタ芸と呼ばれてる技でキンギョに集合いただいて(笑

ぜひブイ下の好きな場所を決めて待機ください。

そこに集合させるように頑張ります(笑


いや〜サクラダイ満開は達成しませんでしたが、充実の海でした。

ご参加いただきました皆様、いつもありがとうございます♪


さて、本日は居残り組、あたらにメンバー交代も踏まえまた秋の伊東を楽しんでもらいたいと思います!


無理に満開は・・・と言いつつも、心ではその瞬間が皆様にご覧いただけるように祈りながら、虎視眈々とその場所を探しつつガイドさせていただきます!

今年はかなり苦戦していますが、きっとどこかのタイミングでこの大集合が見られるはずです。

そういえば、ずっと気になってることが・・・このサクラダイのオスの大集合・・・現象の呼び名や通称ってないもんですかね?

ないなら勝手に決めて呼ぼうかな?

いつもブログ書いてて「サクラダイのオスの大集合」って書くのが面倒で(笑)

どなたかそんなこと知ってる方教えてくださ〜い。


では、本日も凪で綺麗な海を願って行ってまいります!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご予約状況に関しては下記HPからご確認いただければ幸いで〜す。

https://www.divefamilyyellow.com/blank

現在はコロナウィルス感染対策のため、制限付きで受け入れを実施させて頂いております。

詳細はお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



134回の閲覧