久々にマクロ

更新日:7月29日

おはようございます。

昨日は常連様とマンツーマン。


海はさらに安定してきて港の水の色はさらにアップ。

沖も少しづついい感じになっています。

水温がかなり安定してきていますが、夕方前には少し冷たい潮が入ったりしました。

透明度は12〜15mは見えていますが、白濁しているのでちょっとザラザラした感じです。


さて、昨日は久々にマクロで攻めておられました。

まずは人気者のモンガラカワハギのyg。

見つけた時より随分警戒心が強くなってしまった・・・光当てるとってレベルじゃなく、ダイバーが巣穴の近くに不用意に近づくとすぐに隠れてしまいます。

私たちもそうですが、下手なアプローチしすぎって感じでしょうか。。。(汗)

人気のある魚だけに、写真と撮ることだけでなくアプローチからしっかりやらなければ。

水深が深めなのでしっかり撮りたい方はエンリッチがオススメです。

場所自体は非常に安定した場所なので、じっくり挑めますよ〜〜〜。

こちらはモンガラカワハギのすぐ近くのグビジンイソギンチャクに住むアカホシカクレエビのyg。

背景にピンクのトサカがあるので背景に入れて狙ってくださいね〜。

そしてこのアカホシがイソギンチャクに乗ってるせいか、イソギンチャクモエビは高確率で後ろのトサカについてます。

昨日は2ダイブここにトライしましたが、2回ともついてました♪

普段、イソギンチャクか岩の隙間に見られるモエビもちょっと違った背景で狙うと面白いかもですね。

ただ、昨日は少しウネリもあったりで撮影少し難しかったようだったので写真はなし。

伊東にはエナガトサカなどが多いので、ハナヤギウミヒドラも豊富に見られます。

写真んはシンプルに黒抜きですが、場所によっては背景に色を添えることも可能です!

ライティングで色出してもいいし、背景にさらに色を入れても面白いですよ〜〜〜

いよいよ発見しました!

ミナミハコフグyg。極小サイズです♪パチンコ玉より少し大きめ。

まだ縦横無尽に逃げ回るのですがこれもさっきのエビの近く。

先日お電話で「ミナミハコフグが見たいんです」と問い合わせいただいたことを思い出し、なんとしてもとお客様に撮影してもらいました(笑)

なにせ私、ワイド仕様だったので。。。一応ワイドで撮ったけどさっぱり何が写ってるのかわかりませんでしたww。

昨日二人で一番盛り上がった?笑ったのはこの写真。

何かの生き物に見えるコーラル。

私的にはオトボケのドラゴンに見えます(笑)

少しピン甘でしたが、こういうシーンも探せばきっといっぱいあるんだろうな〜

笑える素敵な写真でした、ありがとうございます♪

五島根南は現在キンギョハナダイが散乱のためかなりの数が見られてます。

乱舞しているすぐ側でコーラルに身を潜める個体も多いので、マクロでも背景選んで狙いやすいですよ〜〜〜。

普段は動きが俊敏なオス個体もタイミング計ればこのように鮮やかな背景で撮れちゃいます。


ちなみに、お客様がマクロで撮影している頭上は大乱舞でした〜〜〜♪


さてさて本日は3名様をお迎えして3ダイブ!

ワイドリクエストなので良いシーン当てていきたいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気の秋シーズン(8月後半〜11月中旬)の予約が埋まり始めています。

各種ハナダイ産卵から、魚影などもトップシーズンになります。

現在一人で全ての業務しておりますので、受け入れの人数に限界があります。