群れ群れ〜〜〜


こんばんは〜

本日も絶好調の伊東へ。

本日は白根南と尾根残しへ!

って最近定番コースですね。

潮は相変わらず南から入っておりいい感じです。ですが、潮色は先日よりは少し白濁かな?って感じです。

本日は初めての方だったので全体的に伊東らしい海を楽しんで頂きました〜。

【10月13日 伊東 気温23℃ 水温21〜22℃ 透明度10〜13m ながれ−あり うねり−なし なみ−小波】

相変わらず根頭はキンギョハナダイの大群れ。

70mドロップでは18m〜30mまでかなりの数のサクラダイの群れにスジハナダイ・ナガハナダイもかなりの数が

混じっています。

スジハナもナガハナも婚姻色バリバリが沢山です。

25mのウチワにはアカオビハナダイののチビが数匹かくれていますよ〜

その他写真は撮りませんでしたが、70mドロップではシテンヤッコyg、レンテンヤッコygも連日見られています。

ブイ下エリアでは、カサゲケベラyg、スミツキベラyg、ツユベラyg、ヨコシマクロダイyg、マツカサygと人気の幼魚たちも健在です。

あまりブログでも登場しませんが、コガネスズメダイygは各箇所でかなりの数まとまっていたり、ナガサキスズメダイygやシコクスズメダイygも良い感じ、オキゴンベygやミナミゴンベygもソフトコーラルに絡んでいい感じですよ〜♪

尾根残しは手前からエントリー。

サメ穴には今日も残念ながらドチザメは留守でした。

地味に注目株のオイランヨウジの様子を〜

いましたいました。

前日よりも心なしか光に慣れたのか?あまり奥へ奥へという隠れ方ではなくなっています。

そして、その奥で怪しく反射している魚・・・気になってしっかり見てみると〜

夜行性のテンジクダイ〜

ヤミテンジクダイがいました!最初は1個体かと思っていましたが、さらに上の亀裂にもいました〜。