再び!


こんばんは〜

本日は週末なのに〜ノーゲスト。

天気は晴天、久々の西風で海はべた凪、水温も18℃、陸上も15℃、透明度は15m・・・なのに〜ノーゲスト(涙)

と、しょげていても仕方ないので調査行って参りました〜。

ポイントは白根南と尾根残し。

20mのフタイロハナゴイは時化もビクともせず健在。

28mのスミレナガハナダイは噂には聞いていましたが初見。

そのもっと下の水深には2個体。

中々一緒にいるところを撮らせてもらえず・・・この2個体も全く動いていません。

そして、この2個体を必死に追いかけていた時にフと目の前を横切ったのは〜

と期待させといて写真なし。

ですが、目に残っているその姿は・・・バラナガハナダイかと思われます。

一瞬でナガハナダイの群れに溶け込んでしまい、それ以上追いかける事は出来ない水深と時間(汗)

ですが、ですが、あれは絶対に今までに見たことのないハナダイでした。

と、写真がなけりゃ説得力がないな〜

週明けチャンスを作って再チャレンジします。船が出れば・・・。

白根のこの水深には何がいてもおかしくない雰囲気です。

同じくちょっと深いのですが、前回も見たこの子も同じ場所にいました〜

安全停止中に他チームのガイドさんをモデルにコンデジでワイドも。

やっぱり午前中はオスが固まっていまますね〜

そして、一番難しいと思っているハナダイ・・・キンギョハナダイ。

当たり前の様にたくさんいるこのハナダイを誰もが認めるくらいに素敵に撮りたい・・・

午後はもう一本白根へと言いたいところでしたが、便乗させていただく都合で尾根残しへ。