もうすぐオープン!


こんにちは・・・

5日以来ガイドのご予約もなく(涙)、いろいろ用事などを済ましていたらあと今に9日。

全く何も上げないのも良くないので、今月16日からオープンになる夏季限定「五島根」のお話。

五島根は5月16日〜9月15日限定でオープンする伊東の夏限定ポイント。

名物は〜

そう!ソウシカエルアンコウです。

五島根のポイントは北・中・南と3ポイントありそれぞれで感じが全く違うポイント。

その中でソウシカエルアンコウを観れるのは五島根北。

夏季は少し流れも入るので、多少の初心者向きで無くなることもあるポイントですが、いつもって訳でもないですよ〜

平均水深&最大水深は深めになるのでAOW以上のライセンスを取得している方がオススメです。

さて、ソウシカエルアンコウ。

みなさんがイメージするカエルアンコウのサイズっておそらくベニやイロ、クマドリといった可愛サイズのカエルアンコウだと思いますが〜このソウシはびっくりサイズなんです。

小さいもので約20cm〜最大で45〜50cmのものまで。

基本この様に亀裂に入っていることが多く、お気に入りの亀裂が数カ所あります。

個体数も多い時で3〜5個体。

少なくとも1個体は高確率で見ることができます。

えっ???100%ではないの?

と思ったそこのあなた!水中はあくまで自然環境。100%はありません・・・でもかなりの高確率で見れますし、その日運悪くいなくなっても必ず違う場所(同じ五島根北)エリアで目撃できています。

どんな状態で出会えるかはその日のタイミング次第ですが、昨年は全体が撮影しやすい環境に長くいたりしました。

上の写真は先日MDFで展示させていただいた写真の一つ。

ソウシカエルの特徴でもある美しいブルーの目〜〜〜です((笑))

さてこのそうしカエルアンコウ。

実はレアバージョンが存在します!

先日ブイ付け作業で発見されたゼブラ柄のソウシカエルアンコウ!

昨シーズンは発見できなかったので2シーズンぶり。

私もまだまともに写真に収めたことのないタイプです。(画像は伊東DSから拝借しました)

ほんとは今日調査で潜ってその姿を写真に収めてくるつもりでしたが・・。出船予定なく海に出れず(涙)

来週までいてくれることを祈るしかないですね。

もちろん五島根はソウシカエルだけでなく、様々な生物が見られます。

特に毎年見れている人気の生物は南方種!

南方種の登場は台風後が多く、8月ごろが見頃。人気者は毎年発見されるドリーことナンヨウハギyg。

その他、なぜか白根ではあまり目撃しないカツオが登場したり、トビエイの姿も目撃されることも多いです。

景観も年に短期間しかダバーも入れないため、ソフトコーラルがとっても元気です!

トサカなんかも白根に比べて一つずつが大きい感じですね〜

さて、今年はどんな出会いがあるのか。

白根に五島根に満根にと1年で一番ポイント選びに頭を悩ませる楽しい時期がやってきました。

あとはみなさんが潜りにきてくれるだけ♪

ってことで皆さんのご予約心よりお待ちしておりま〜す!

あああ〜〜〜潜りたい。

Dive Family Yellow


52回の閲覧