DCモニター第1弾


ぎゃ〜〜〜〜、やらかした! 超、長文で頑張って書いた「ダイブコンピューターをモニターした!」って記事を・・・上書きしてしました。

なんてこった・・・((汗))

ってことで、改めてモニターレビューを書き直します。

さて、1月末に参加したDive Biz Showにて気になる沢山の魅力あるダイビング器材たち。

その中でも会場に足を運んだ1番の目的が各社のダイブコンピューターを見ることでした。

当店オープン以来、ずっと使っていた愛機を去年の秋に盗難にあい・・・それ以来ずっとレンタル用のDCを騙し騙し使ってきたのですが、そろそろちゃんとしたDC(ダイブコンピューター)を持ち直ししないとな〜と。

もちろん、今まで使っていたモデルでも十分なのですが、どうせなら視野を広げるためにも新たなDCも使ってみたい!

使って見ないと、お客様から質問された時にちゃんとお答えできないということで、多くのDCの中から気になる2メーカー4商品をモニターいたしました。

お借りしたのは人気メーカーSUUNTOのEONシリーズ。

左の黒がEON STEEL、右がEON CORE。

10数年前から流行り始め、今では当たり前になった時計型DCとは違い、デカくて普段には絶対に着けないタイプのダイビング専用機って感じですね。

もちろん時計としての機能もありますので、陸上でもお使いいただけますよ。

まあ、大きさ形からして使用する人はいらっしゃらないだろうけど〜これ着けてたら何かに変身できそうな気分になります。

小さな男の子の注目は集められるかも(笑)

さて、基本性能は同じ2つのDC。

1番の違いは躯体と操作性ですね。

STEELはケースが堅牢でその分大きく、そして重い。EONシリーズとして先に登場したモデルです。

COREは新しく発売が始まった今注目もモデルで、STEELに比べて軽くスリムです。

操作性はどのようにDCを装着するかによって、良い点悪い点はありますが、腕に装着する前提でお話すると操作性はSTEELの方に軍配が上がりそうです。