擬態上手


こんにちは〜

今日は土曜日だというのに・・・予約なし(涙)

ってことで調査へ。

いつもはついついハナダイまっしぐらに行ってしまうのですが今日は自制。

何かいないかな〜と感が導くように少し深めに捜索を開始すると。。。気になるナシジイソギンチャクが。

念のため覗いてみると〜

いた〜〜〜アヤトリカクレエビ発見!

いつもはもっと薄いナシジについてることが多いのですが、この色についてるのは中々に久々。

以前はここにガラスハゼが乗っかってたな〜コラボったりすると面白いんだけど・・・

もちろんハナダイもこのエリアは多いです。

珍しいのってことではないですが、この水深なら大きさもよりどりみどり。

でも、カメラ構える前から撮りたい子を選んどかないと小さい個体はすぐに隠れちゃいますよ〜

今日はそんなサイズを撮る心算でなかったのでちびっ子は全部逃しちゃいました・・・(汗)

ウミウシも順調に増えてきてますね。

人気はボブサンウミウシやピカチュウと見た目に大きめで派手なのが人気ですが、もっと小さい世界に浸ると驚くほどたくさんいるもんです。

季節的にそろそろブイ下でも見られるようになったイナバミノウミウシなんかもいましたよ〜〜〜。

個人的に好きなウミウシですが、意外にうまく撮れないやつです。

透明度がイマイチで天気が悪いと水中はかなり暗め。

その分、キンギョハナダイのオスは頻繁に全開になってます。メスは全く無反応ですが・・・

未だ正解は見えてこないハエモノ。

簡単なように思えて撮影技術もセンスも結構必要な被写体・・・技術よりセンス磨かなきゃなな。