8月10日按針祭!


こんばんは〜

いや〜台風13号が通り過ぎて正直今日は無理かもな〜と覚悟してた10日。

13号はいい感じに東へそれて予想以上に西風になったお陰で問題なく潜れることになりました〜

勿論いつもこうなってくれるのが理想的ですが、特に8月10日は重要な1日の一つ。

それは何故かと言いますと〜

伊東市最大の花火大会「按針祭」なのです。

按針祭花火大会の日は伊東ダイビングサービスが有料ではありますが「BBQと船上花火鑑賞」を抵抗してくれます!

その日を目当てに日ごろは比較的空いている伊東港も大賑わいになるのです。

実際今年は直前の台風到来のために予定を中止にした方も多く今までの按針祭の中で一番参加者の少ない日となりました。

まあ、現場にいる参加者として空いていて快適ではありますが〜ちょびっと寂しいもんですね。

ではでは先ずは海から〜

若干うねりの残る海ではありますが、透明度も台風直後としてはまずまずの8m。

今日一番大変だったのは流れ。

何故か私たちあ潜る時はそれほど強くはありませんでしたが、他のショップさんたちの時間帯は潜れない判断が下るほどの激流だったようです(汗

程よく流れる水中はもうお魚天国です!

イサキ、タカベ、メジナ、スズメダイと湧いて出てくるように白根の南エリアに集合して来ます。

その外側にキビナゴ、カタクチイワシがシャワーのように降り注ぎ、それらを追ってマダイやオオモンハタがやって来ます。

そんな騒がしい根の外側を全く気にしないキンギョハナダイ達が根頭で乱舞し、その中を静観するように巨大なクエがじっと何かを待っているようにいました。

こんなタイミングに限って〜ワイドレンズを外してくるっていう私・・・

メジナは突然透明度の向こう側から湧き出るようにやって来ますよ〜

写真じゃ全然撮りきれてませんが。。。地味〜なメジナ何気に迫力満点でオススメですよ。

台風のもたらす恩恵はまだまだ未発見ですが、時期的に普通種にも新たな出会いの季節です♪

まだまだ数は多くはありませんがコガネスズメダイやヒマワリスズメダイのBaby達がちらほら