まだまだ


おはようございます。

メリークリスマス〜♪は今日言うべき?明日言うべき?

さて、23日のログです。

予報ではクローズしてもおかしくないくらいでしたが、朝海についてみると思いの他べた凪。

まあいい方向に予報が外れたのでいいかな〜

さて海は。

水温が部分的に17度代になりました〜

って、水温表示だけ見ると「寒い」思っちゃいますが、体感的には全然感じません。

と言うのもまだ部分的なのと、例年のこの時期からするとようやく順調な水温です。

水中はまだまだ南方種・季節来遊魚たちで賑わっています。

最近は密度の高い白根南の東側ばかりでしたが、今日はあえて西側へ。

本当に夏秋シーズンはどこにいたんだろうと思うばかりに、西側(ドロップオフ)方面はスミレナガハナダイがたくさん。

ささ〜と泳ぎながら見ただけでも7個体。

写真のやつが最も大きくスジハナダイの成魚に負けない大きさになってきています!

どうせなら全部集結して〜オスに性転換する個体が出たらな・・・そう言う意味ではもう少し水温が高い時期が長くてもと持ってしまうばかりですが。

オスになったらBIG NEWSだな〜

もちろん美しいのは南方種だけではありません。

普通種のナガハナダイたちも元気いぱいですよ〜

この時期どうしても目につくんだけどスルーされてしまうのがとっても残念なのはこの子も同じ。

オキゴンベ。

小さくて綺麗な色のこの時期はぜひ色々な背景と合わせて見てくれればですね〜

根頭もまだまだ季節来遊魚〜

ようやく場所がわかったタテキン。まだまだ小さくて可愛いサイズです。

2本目はワイド目に白根中へ行く予定で尾根残しを超えたところで・・・久々に出ました「わがまま」

船長に「ごめん!ポイント変更。合ノ根へ」と。

別にナブラが出てたわけでも、何かが見えた訳でもないのですが〜なんとなく「合ノ根」だな!と。

でも、結果的にそれが正解だったかも〜

根を追いつくすキビナゴの群れ!

ここまでキビナゴが集まると〜

久々にきました〜ブリ、イナダ、ワカシの混合軍団!

小規模でしたが、やっぱりアタックにくる奴らの迫力は何度見ても最高ですね〜