top of page

Maldivesに行ってきました③

3日目はジンベイ狙いな1日。

Maldives王道ルートと言えば外せないのが「ジンベイザメ」

基本スイムで遭遇チャンスを狙うのですが、ダイビングでも出会える可能性があるってんだからやっぱりMaldivesはすごいところだ・・・

個人的にはハナダイのハーレムやソフトコーラル、Maldivesでしか見れない固有種や組み合わせに心奪われ始め、なんでこの旅を魚眼一択で攻めたのか後悔し始めていました。

勿論、ワイドは間違いなく素晴らしいシーンのオンパレードなので文句のつけようがないですが・・・ワイドしかできないって枷にマクロ熱が上がります(笑)


DIVE⑦⑧

ってことでなんだかんだ2ダイブはジンベイ遭遇の可能性のある場所へ。

スイムも合わせて半日攻めましたが・・・残念ながらタイミングも合わず日中ジンベイはGETできずでした。

カオリータ初めガイド陣はかなり頭抱えて苦しそうでした。

わかる、わかるな・・・その気持ち、伊東の海よりもはるかに期待値高かく持たれてるであろう大物との遭遇。

居ない訳ではないく、とにかくジンベイ遭遇の可能性のあるポイントはたのダイバーの船で海が埋まってる状態。

捜索して、出現しても先に集まってくるドーニや、リゾートからやってくるスピードボートやらでよく事故が起こらないなと思うくらいでした。

昨日3本目と同じ場所。

前回はテーブルサンゴだけとった感じだったのでこの日は魚も。

写ってるのはインド洋固有種のブラックピラミッドバタフライフィッシュ(伊豆で言うとシラコダイかな?)


イエローバックフュージュリアの群れはとっても綺麗。

そうそう、ジンベイが絡むダイビングはタイミングによってはストロボを外すように指示されます。

上記の写真もノーストロボ撮影。

伊豆だと中々勇気持てないですが、流石Maldivesの海ですね。

こちらも固有種のインデアンバナーフィッシュ。

まつ毛が生えてるようなお顔です♪

時折、潮に乗ってイソマグロがビューンと通り過ぎたりします。

これが日常って凄いな〜〜〜。

魚眼しかないので可能な限り寄って撮影しようとしてたら完全に最後尾(汗)

着底もできないから流石に難しかった・・・と言い訳。

大物撮影捨てるな35mmで潜りたいって思うほどハナダイがいっぱいいます。

写真のハナダイはエバンスアンティアス。とっても綺麗!


そしてそして、このツアーで2人目のメモリアルダイブ!

MAKIさん!

1000DIVEおめでとうございます♪

潜る前のイメージではこの背景にジンベイが入ってくるはずだったんですが・・・私がちょっと強く念じすぎましたね(汗)

でもでも、素晴らしいツバメウオの群れと戯れるいいシーン。

MAKIさんとはかなり長い間のお付き合いですが、伊東より海外の方が一緒に潜ってるっていう不思議な感じ(笑)

大キリ番をこのツアーに選んでいただいて光栄でした♪

1000番台のダイビングは是非、伊東にもたくさん潜りにきてくださいね〜〜〜


DIVE⑨

この日最後のダイビングはこれまた素敵な隠れ根。

根の各所にオーバーハングがあってアカマツカサなどがぎっしり。

もっとじっくり撮りたかったですが、時間切れ(汗)

35mmで撮りたい環境。

Maldivesもキンギョハナダイが多いのですが、サイズが伊豆に比べると小さい。

しかも色がはっきりした感じの色なので全く違うハナダイに見えます。

素敵なイソギンチャクにクマノミ。

これだけでも最高のシュチュエーション。ただただじっくりとれず・・・

写真はMaldivesの固有種で、お腹に黒いラインが入ったタイプ。

それがわかる写真が1枚も撮れず・・・まだまだですね。


そして夜は・・・またまた母船の船尾で・・・




ジンベイではなくマンタ!

ナイトダイビングもできなくなかったですが、この日もあっちこっちの船をウロウロしてる様子だったので最終的に潜らず。

水面から腕を突っ込んでノールックで撮影っす。


なんとか見られる形で収めれてよかった・・・。

水面には色んな浮遊期の生物がいましたよ〜〜〜

ちょこっとオケで掬わせてもらいました。

こちらはトビウオですね〜とっても綺麗でした。勿論すぐにリリースしましたよ。


さて、今日もココまで。

ボリュームありすぎて中々一気に進めない・・・


今日はこれから久々の伊東の海へ行ってまいります!

閲覧数:205回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page