2020

みなさま、おはようございます。


新年2020年がスタートしましたね!

新年早々にブログアップを1日飛ばすという自分らしさに・・・すいません。


新しい年のスタートはホーム伊東からスタートです♪


2020年初潜りに来てくれたのは常連のお二人。

お正月なのに・・・貸切の伊東を満喫していただきました〜

誰もいない白根は何を撮っていいか迷うほどの豊作状態なので、絞りつつ元旦からフォトダイブ行ってきました〜。

まずは昨日発見したフカミスズメダイ。

おそらくこの状態で成魚の様です。

こうなると幼魚みたいな〜〜〜なんて欲が出ますが、しっかり撮っていただくと少し不思議な形と浮くつしい配色が素晴らしいスズメダイですね。

人気のベニハナダイも2度目のチャレンジ。

しっかり動きのパターンもつかめてきて前回よりも思う様に〜!ですね。

いつもなら貴重なスミレナガハナダイも今年は浅目に多いのですが・・・それ以上に珍しい奴らが多すぎて影が薄い。

とうとうブイ下までやってっきたカシワハナダイのオス。

積極的にキンギョハナダイの雌たちにアプローチしてます(笑)

警戒させると中央の赤いラインが一瞬で薄くなってしまうので、この状態で美しく撮るには中々難しい。なのに素晴らしい状態ですね〜流石です!

そしてキンギョハナダイのオス。

改めて見るとやっぱりキンギョハナダイのオスは素晴らしく綺麗。

フォルムも色も申し分ない。

レアでないってのがこんなにも存在の価値を落としてる(ちょっと言い過ぎ?)人気を失ってるのが本当に勿体無い。

キンギョハナダイのオスなら根頭1ダイブで勝負できますよ〜

色んな撮り方に挑戦もできますので、練習相手にも持ってこい。

まあ動きは早くて曲者ですが、どんな状況でもハナダイ写真を撮るにはキンギョハナダイはもってこいなのです。

キンギョハナダイを撮り切れればどの状況でどんなハナダイに出会っても大丈夫と言っても過言ではありません!