いい事なのか?よくない事なのか?

今日こそ本日中にブログUPするぞ!

と、決意を持って書いています・・・って決意するほどの事ではありませんね。


本日は、マンツーマンの予定でしたが、先日までお越しだった佐野カメラマンのInstagramを見られてどうしても同じものが撮りたいとドタ参の常連様を迎え入れて3ダイブ行ってまいりました〜


結論から言いますと・・・リクエストのハナダイは残念ながら姿見せず(汗)

リクエストとは違うハナダイでご勘弁いただきました・・・。


過去最浅の水深のアカイサキ。

低水温の影響なんですかね〜

とにかく独特の柄がとっても綺麗なハナダイです。

成魚になる姿を拝んでみたいですね〜〜〜。


さらにそれより浅い水深でいるのはコウリンハナダイのオス。

この水深で見られるだけでもとってもレアなのですが、伊東的にはさらにレアなのが昨日ご紹介した・・・

おチビちゃん♪

どうやら数匹いるみたい。今日は最大3匹一緒に写ってる写真がありました。


そして、少し前はアカイサキの近くにいたあいつがコウリンハナダイの付近に!

カワリハナダイの幼魚!!!

いや〜もうこの色にやられます。発見した時より色が変わって少し大きくなってきたかな。

形も綺麗ですね〜♪


先日から何度かチャレンジして中々撮らせてくれないベニハナダイのおチビ。

こちらもサイズは過去最小。

時期的に南方種が現れる感じではく、ひょっとしたら昨年発見したオス個体、最近までいたメス個体・・・こりゃ伊東で産卵したか?

もしそうなら凄いことですね!

いいのか?悪いのか?はわかりませんが、そうであって欲しいような、そうであってはいけないような・・・。


こちらも随分成長したフタイロハナゴイ。

近くにもう少し数匹いればこちらもオス個体に成長するんじゃなかいと・・・そうなったらこれまた大変なことですね。

今いる越冬個体のハナダイ達が、これから来るだろう台風を乗り越えて新しく到来するメス個体達と巡り合ったら・・・


繰り返しますが、それがいい事か悪いことかはわかりませんが・・・ハナダイ好きな者としてそんなドラマをみたいという思いは拭いきれません。


きっと、そんな可能性のある海って日本各地をみてもそんなに多くない