華麗に舞う


今日は〜

今日は陸上気温も高く、風も弱く、天気も晴天、海はべた凪!

なのに・・・ノーゲスト。

悔しいので二刀流で攻めてみようと港に向かいましたが、最近相性の良い友人ガイドが来ていたのでマクロはやめてワイド一本に!

白根に到着すると〜

水が超綺麗になってました!

ブイ取り作業で船の上から20m下の根がはっきり見えているくらい。

エントリーしてみると案の定抜群の透明度!

私の目で、70mドロップの上からブイ下のガレ場まで見えていた感じですので、約30m以上は見えてたかな。

水面付近から根頭にはクラゲがいっぱい漂っています!

そう、マンボウ出現にはクラゲがたくさんでている時の方が可能性高いので早速テンションUP!

潮向きも、透明度も、太陽の光も最高の状態。

あとは〜奴が現れてくれればな〜と願いながらも今日は残念ながら不発。

でもでも〜最近の相性の良さはやっぱり勘違いではありませんでした!

水面付近を華麗に舞う透明の・・・カレイ!

正確な名前は現在調べております。

他の皆さんがエキジットしたあとだったので、可能な限り撮らせていただきましたが・・・まだまだ未熟。

カメラの設定をアレヤコレヤと変えたり、ストロボ位置変えたりする余裕なし(汗)

しかも、結構なスピードで泳ぐのですこの子・・・。

可能ならもっとこの子と素敵な時間を過ごしていたかったですが、私もかなりブイから流されていたので終了となりました〜

その他、これといった生物を見つけた訳ではありませんが、水中はどこにいっても強烈な日の差し込みで「あれ?海外だっけ???」と思うほどに綺麗でした。

NO1クダゴンベも元気一杯♪

今冬も越冬宜しくお願いしま〜す。

簡単、簡単と思いながら中々上手く撮れない伊東のワイド。

伊東の海が悪いのではなくて、私の腕の問題ですね(汗)

さて明日は前回からのリベンジのリクエスト!

明日もこんな最高のコンディションになることを祈りながら今日はこの辺でお別れです。

本日もありがとうございました===3

Dive Family Yellow


59回の閲覧